MENU

新型コロナ感染症対策

新型コロナ感染症対策のため、患者様には手指等のアルコール消毒を入室前にお願いし、待合室等の空気除菌や換気も十分行っております。

この度、より感染予防を強化するために、当面の間、お車で来られた患者様は、受付終了後、お車でお待ちいただきますようお願いいたします

順番が参りましたら、こちらからご連絡差し上げますので、お車のナンバー、駐車場所、携帯番号をお知らせください。

ご面倒をおかけいたしますが、感染拡大防止の観点から、ご理解賜りますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染拡大における佐々木歯科の感染予防策について

お知らせ

おかげさまで今年開業27周年を迎えました。

歯を一本でも多く残し、自分の歯で噛むことの喜びを感じていただきたい。 それが開業当初から変わらない私たちの願いです。

ITIインプラントスペシャリスト

少しでも、患者様のために新しい知見の取得、技術の向上に努めてまいります。

ITIインプラントスペシャリストとは

240_F_175887527_au9pgKRoBmZm8C2bWmjeGW5Qs5u1WGww-3

詳しくはこちら

個室の清潔なオペ室を完備

240_F_209734792_WdCv6dXiDvKpdbUDF6FzBNvxGyrpYmYu

詳しくはこちら

24時間受付中ネット予約

240_F_267961228_bkU8JBYTSB1WjxzdniJbg5eDIMPX8kOa

詳しくはこちら

治療科目をご案内

GUIDANCE

治療科目をご案内いたします

患者様に寄り添った治療の計画をたて、快適な毎日が過ごせるよう力を尽くします。

一般歯科

あなたのご希望やお悩みに応じて、相談しながら治療方法を考え、ご納得いただける治療をいたします。

詳しくはこちら

インプラント

より良いインプラント治療をお受けいただくために、当院が実施するインプラント治療のご案内いたします。

詳しくはこちら

矯正歯科

子どものうちに矯正を行なえば期間が短くすみ、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。

詳しくはこちら

入れ歯

「入れ歯は、痛くて外れやすくてちゃんと噛めないのが当たり前」ではありません。

詳しくはこちら

審美歯科

歯の機能を回復した上で、見た目も美しくして、心身ともに快適な生活を送っていただくことを、審美歯科治療の目的としています。

詳しくはこちら

ホワイトニング

当院が採用しているVividホワイトニングシステムは2週間後には、変化が確認できます。

詳しくはこちら

小児歯科

ぜひ、むし歯や歯周病のない人生を、お子さんにプレゼントしてあげてください。

詳しくはこちら

PMTC,予防歯科

3ヶ月に一度、歯医者さんで歯のクリーニングを行えば、将来歯を多く残せます。

詳しくはこちら

歯周病治療

歯周病にならないために、あるいは歯周病をこれ以上進行させないために、何をしたらいいのでしょうか?

詳しくはこちら

コンフォート義歯

コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。

詳しくはこちら

アクセス

ACCESS

アクセス

  • 伊予鉄道横河原線「鷹ノ子駅」より南へ徒歩約3分
  • 松山自動車道松山ICより車で10分
  • 19台分の駐車スペースを備えております。

ブログ

歯のはなし

歯のはなし 2020年6月号

こんにちは、この春に歯科衛生士として佐々木歯科に勤務する事になりました、美濃部です。仕事を始めてまだ2か月ほどですが、先輩方にたくさんのことを教わりながら、皆さんのお口の健康をお守りできるよう、これからも頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

現在も、新型コロナウイルスによる感染者が出ておりますので、人混みを避けたり、マスクをするなどして細心の注意を払うようにしましょう。また、手洗いうがいをこまめに行う・栄養のある食事を摂る・適度に体を動かす・充分な睡眠をとる等、ウイルスに負けない体作りを心がけて下さい。

6月は梅雨の時期ですね。夏が来る前に必ず訪れるこの時期は雨が降りジメジメとした日が多くなり、気分が滅入ってやる気も出にくくなります。そんな6月は気圧の変化や湿度の変化により、歯周病になりやすくなったり、歯周病が悪化したり、歯に影響がでることもあると言われております。もしお口の中の事で普段と違って痛みや、違和感を感じる場合には、当院にご相談ください。従業員一同お待ちしております。


新型コロナウイルス感染症も、若干の落ち着きを見せているようですが、第2波・第3波が来ると予想されています。
①換気の悪い密閉空間②多数が集まる密集場所③間近で会話や声を出す密接場面、いわゆる3密を起こさないように十分注意して、新たな生活様式を模索しないといけないですね。新型コロナ感染症もですが、細菌性感染症の誤嚥性肺炎を予防するためにも口腔ケアをしっかりとしていきたいものですね。

歯のはなし 正しい歯ブラシの使い方