歯のはなし 2020年1月号

こんにちは。4月から歯科医師として勤務させて頂いております、佐々木晴加と申します。
私自身、松山で生まれ育ち地域の方々に恩返しをしたい、両親と共に働きたいと思い、東京での勤務を経て松山に帰ってきました。
私が診療する上で一番大切にしていることは"患者様のお話をよく聞き、よくお話をする"ということです。患者様一人一人のライフスタイルに寄り添う最善の治療を提供できるように日々診療に望んでいきたいと思います。また、私たちもできる限り解りやすいお話をして参りますので、患者様も疑問な点や、不安なことは何でも遠慮なくお伝えください。
さて、2020年が始まりました。今年は東京オリンピックもあって日本が盛り上がる年になりそうですね。新しい年の幕開けと共に、お口のメンテナンスを習慣にするのはいかがでしょうか。痛くなってから歯医者に来られる方が多いと思いますが、これでは「怖いところ」「痛いところ」になってしまいます。できれば「痛くない時に定期的にお口の中をキレイにして、チェックしてもらうところ」にして頂きたいです。"予防こそ最善の治療"です。
今年も何卒宜しくお願いします。


去年は色々災害も多く、大変な1年でしたが、今年こそは明るい1年になってもらいたいものです。オリンピックも開催されますので本当に楽しみです。佐々木歯科はこれからも地域に根ざした、赤ちゃんから高齢者など幅広く診させて頂くホームデンティストとして頑張って参りますので、宜しくお願い致します。
明るいニュースとして、令和2年1月から松山市・野志市長の公約でもあります、中学3年生までの医療費の無料化が行われます。松山市の子ども医療費受給資格証をご提示いただければ、医療費の窓口での支払いは不要になります。
ぜひ、ご活用下さい。 ( 院長 )